結婚する予定になり、車を売りに出すと決めました

当然のことですが、人気が高く、需要の

結婚する予定になり、車を売りに出すと決めました。

旦那となる人は、通勤で車を使う事がないため、二台も車を持っている必要もないためです。フルローンを使って買った車でしたが、既に完済しているので、売ることで生まれたお金は、へそくりとして大切にしまっておきたいと思います。

つい先日、長年乗っていた愛車を売ることになりました。

売りに行ったときに取引してくれる中古車業者から、その後の中古車をネットで販売する流れや売却の手続きに関する書類などの丁寧な説明を受けました。大切にしてきた愛車だったので、丁寧に扱ってくれる人へ渡ればいいなと思い、しっかりと真剣に話を聞きました。

自分の車を売ろうと思ったときは、多くの知識を持っている必要があります。特に、車税に関してのノウハウを理解しておくことで、迅速に手続きを終わらせることができます。

買取業者と話し合う前に理解しておくべきです。

ネットでリサーチしてみると、下取りの相場がわかるサイトが見つかります。

そのサイトを使えば、簡単に愛車の相場を確認することができます。

自動車メーカーの公式サイトによっても、相場を確かめることが可能でしょう。

カービューの車査定の一括無料査定を活用することで、相場を理解する方法もあります。

しかし、あくまで相場ですので、少しは金額は前後します。

買取依頼時に車に傷があったりすると、それだけ査定価格は下がってしまいます。

さりとて、あらかじめ傷を直してから買取に持ち込んでもあまりいいことはありません。修理店に修復に出したとしても修理費用で足が出るくらいでしょうし、自分で修復してしまうとむしろ査定が下がることもあるので注意しましょう。

無理に直して買取に出そうとは考えず、そのままの状態で買取査定を受けるのが結局得策でしょう。

世間では、車の査定を受けるのに良いのはやはり、3月が最もおススメだといいますよね。

どうして3月が良いのか気になりますよね。

調べたところ、生活環境の変化によって4月は中古車の需要が急増しますから、一年の内で、中古車市場が一番動くためです。

需要が高くなるということは、それに伴って、買取価格も高くなることが多いようです。

それに加えて、自動車税も関わってきますから、査定から売却までを3月中に済ませてしまう事が最善だと言えます。

中古車査定で売るほうが良いのか、あるいは、ネットでの売却がいいのか、思案している方はおられませんか?車をちょっとでも高額で売りたいのはオーナーの立場としては当然なので、こうした悩みを持つ方は多いのではと思います。

結論から言ってしまうと、希少価値の高い車ならば、ネットオークションでの売却の方が高く売ることができるかもしれません。

これまで大事に乗ってきた車を買い取ってもらうなら、気持ち良く取引したいですね。

買取価格アップに直結するかわかりませんが、掃除だけは済ませておきましょう。車の中には基本的に何も置かず、カバー類ははずしておきます。

カーマットの下にはゴミがたまっていないように注意してください。

外側は思い切って洗車してしまいましょう。普段使っているカーシャンプーでサッと洗えば十分だと思います。以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、塗装に傷がついたり色ムラになることもあるので、スーツ姿で触っても服が汚れないのを目安にすると良いでしょう(営業さんはスーツで来ます)。それからホイールを含むタイヤ周りは人の足元と同じですから、きれいにしましょう。

また、小キズをタッチペンで修正する人もいますが、買取後にプロが処理するほうがキレイですので、そのままにしておいてください。車を買い取る前に行われる査定では、複数のチェック項目ごとに基準値を設けて加点減点を行い評価額を割り出します。

減点評価が免れないものは、ヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

しかし査定前に気になって素人作業で補修したりすると、大きなマイナス点をつけられるケースも多いです。

相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

結婚したので、これを機に、これまで愛車としていた中古車を売って、代わりに大型の車に買い換えました。軽自動車なんかは売っても、二束三文にしかならないだろうと思っていたのですが、査定に出してみたら驚いてしまいました。

思っていたより随分と返ってきた見積金額が高かったのです。買取業者いわく、軽は人気があるので、そのように良い値段で引き取ってくれるんだそうです。